Spice of Life

イギリスでイタリア人と暮らす日本人のブログ。

ロンドンのホテルでStaycationした週末。

月にロックダウンが始まって以降、生活の95%以上を家に引きこもって過ごしておりますw

食料品は基本的にデリバリーなのでスーパーに行くこともほぼないし、近所の公園にバドミントンをしにいったり、近所を散歩したりするときくらいしか外に出る機会がありません。

元々運動は大嫌いで家でゴロゴロするのが好きなタイプなので、引きこもることはそれほど苦ではないんですけどね。

 

悲しいのは現時点でホリデーを3つもキャンセルしたこと。

今年はあと4つホリデーが控えていますが、現時点ではそれもどうなるかわからない。

ホリデーを唯一の楽しみにして生きているので、その楽しみを奪われると生きる意味を見失う…。

 

どこかに行って気晴らししたい、でも海外旅行するのはまだ気が引ける。

ということで、夫と二人、ロンドンで週末staycationしました!

 

イングランドでは7月4日から飲食店やホテルの営業再開がOKになり(営業していないところもまだまだ多いけれど)、これまではKey workerのみ宿泊がOKだったホテルも一般客を受け入れるようになってきました。

 

ホテルに泊まるのが大好きな私、一度ロンドンでホテルステイしたいなと前々から思っていたのですが、なにせロンドンはホテルがめちゃくちゃ高い。

なんてことないシティホテルでも一泊£100は軽く超えるし(しかもオフシーズンで)、ちょっとよさげなホテルに泊まろうと思うとその何倍もする…。(白目)

 

だがしかし!

今年は事情が違います。

観光客が消えたため、ロンドン市内のホテルの宿泊費が大幅に安くなっているのです!

もうこれは泊まるしかない!

 

今回のstaycation先を決めるにあたっての条件は以下の2つ。

1.「ホテル」であること。(非日常を味わうためにアパートメントタイプやスタジオは除外。)

2.セントラルロンドンに位置していること。

 

早速Booking.comで調べてみて、今回はこちらのThe Dixon Autograph Collection Hotelに宿泊しました。

私が泊まりたいホテルの条件を満たしていたのと、Genius会員向けの無料アップグレート(キングルームからスーペリアキングルーム)があったことが決め手です。

 

www.booking.com

 

マリオットグループのようです。(Autograph Collectionというホテルがマリオットグループで、世界各国に展開しているようです。)

 

thedixon.co.uk

 

場所はタワーブリッジの目の前!

橋を渡ればタワーオブロンドンやセントキャサリンドッグもありますので、観光するには最高の場所だと思います。

 

 

地下鉄のロンドンブリッジからもタワーヒルからも徒歩10分ほどです。

 

価格は土日の宿泊、スーペリアキングルーム(アップグレード済)で一部屋£119でした。

二人で泊まると一人当たり£60なので、ロケーションとホテルのグレードを考えれば格安だと思います。

普段の価格を知らないのですが(時期によっても異なりますし)、オフシーズンのツインルームで£130ほどという過去の書き込みを見かけたので、ハイシーズンということも考えればやはり普段よりは安くなっているのではないかと思います。

 

f:id:oliamemo:20200725013617j:image

こちらの部屋に宿泊しました! 

 

正直なにが「スーペリア」なのかはよくわからんかったw

キングルームよりは大きいんでしょうね、きっと。

でもベッドは大きくて快適だったし、部屋も広々としていてスーツケースを広げたとしてもまだまだ余裕があるなという大きさでした。(今回はスーツケースは持っていってないけども。)

 

f:id:oliamemo:20200725014756j:image

©The Dixon Autograph Collection

 

バスルームは到着早々夫がシャワーを浴びて散らかしてしまったので、ホテルのサイトから写真を借りてきましたw

デザインは若干違うけどこんな感じ。

私たちが泊まった部屋はシャワーのみでしたが、バスタブ付きの部屋もあるみたいです。

 

f:id:oliamemo:20200725014751j:image

アメニティ色々。

 

f:id:oliamemo:20200728070501j:image

部屋のネスプレッソにThe Dixon Brendなるものがあった。オリジナルなんでしょうか?

 

f:id:oliamemo:20200725013621j:image

 ©The Dixon Autograph Collection

外観はこんな感じ。(写真を撮らなかったためホテルのウェブサイトから拝借。)

 

f:id:oliamemo:20200725013809j:image

入ってすぐのロビー。 

 

f:id:oliamemo:20200725014810j:image

ロビーで撮った一枚。

 

 ロビーはおしゃれでもあり個性的でもあり。

「ホテルに来たぞ~」感が存分に味わえる雰囲気(わかる?w)で満足。

花は季節によって変わるみたいですね。

 

今回はホテルでのんびりすることが目的だったので、夕食もホテル内のレストランでいただきました。

ホテルの周りにはパブやレストラン、カフェもたくさんあるので、食事に困ることはないと思います。

 

f:id:oliamemo:20200728070336j:image

 

The Dixonには宿泊者限定のディナーコースがあります。

選択肢は少ないけれど、3コースで£20なのでめちゃくちゃお得!

ホテルでまったりすることが目的の方にはよいと思います。

 

f:id:oliamemo:20200728193320j:image

前菜の日替わりスープ。この日はポテトとリークのスープでした。

 

f:id:oliamemo:20200728070345j:image

メイン。私はチキンを、夫はフィッシュアンドチップスを頼みました。

 

チキンはカレーソースがかかっていて、ありそうでない感じが美味しかったです。

夫のフィッシュアンドチップスも少し食べたのですが、これがめちゃくちゃしょっぱかった。(夫は『ちょっとしょっぱいくらいかな~』なんて言って完食していましたが、私は数口食べてギブアップ。)

衣はサクサクしていて美味しかっただけに残念。

メインはチキンがおすすめです。(もう一つのリングイネもおいしそうでしたが、我が家には外食でバスタを頼まないという暗黙のルール?があるのでw)

 

f:id:oliamemo:20200728193349j:image

 デザートのチーズケーキ。甘すぎなくて美味しかったです。

 

これで£20なので満足度は高いです。

私がワインをオーダーしたので、最終的にはサービス料も含めて£56になりました。

ホテルに宿泊しているので会計は後ほどまとめて請求されます。

 

f:id:oliamemo:20200729190840j:image

 

f:id:oliamemo:20200729190845j:image

 

f:id:oliamemo:20200729190849j:image

 

ホテルでゆっくり過ごすことが目的でしたが、散歩がてらタワーブリッジとタワーオブロンドンに行ってきました。

夫は在英歴5年以上なのにタワーオブロンドンに行ったことないというので。(私は3回目w)

 

ルートが決まっていて通常時よりは中に入れる施設が少ないですが(メインのクラウンジュエルはオープンしています!)、こんなに人が少ないタワーオブロンドン見たことない!というくらい空いておりましたので、意外と穴場かもしれません。

入場料に£25払って限られた施設や展示しか見られないと思うともったいない気もしますがね。

あれこれ展示を見て回るよりゆっくり観光したい方にはよいかと思います。

 

週末で旅行気分を味わいたい方は、この機会にロンドン市内でホテルに泊まってみるのもよいと思います。

普段は高くて手が出ない高級ホテルも今ならお得な値段設定になっています。(シャングリラやコリンシアもかなり安くなっていました。といっても元値が法外価格wなので結構な値段しますが。泊まるなら今かな。)

 

海外旅行にはしばらく行けそうにないので、また週末ホテルステイしようかなと思っています。

ロンドン内でおススメのホテルがあったらぜひ教えてくだ

イギリスでよく見かけるPixiのトナーを使ってみた。

まだまだfuloughで暇を持て余している私。

これほどまでに「何をしていいのかわからない」時間を過ごすのは30年以上の人生で初めてだと思いますw

 

時間がたっぷりあるので、シャンプーに引き続きスキンケアも色々試してみるかってことで、渡英から今までスルーしていた「トナー」に手を出してみることにしました。

 

前回書いたシャンプーの記事はこちら。

oliamemo-uk.hatenablog.com

 

イギリスに住んでいない方のために、トナーとは何ぞや?を簡単に説明すると「ふき取り化粧水」です。(日本だとクリニークが有名ですよね。)

イギリス人は基本的に保湿目的の化粧水は使わないみたいです。

洗顔→トナー(ふき取り化粧水)→モイスチャライザー(クリーム)→終了!って感じなんでしょうか。

 

日本でいう「化粧水」をドラッグストアで探してもほとんど売っていません。

たまに保湿用ミストは売ってるけど、それじゃないんだよな…感w

私はBootsのローズウォーターやオンラインで購入した韓国の化粧水を使っています。

肌が強いのでそれなりに保湿できればどんな化粧水でも大丈夫なのは助かるw

 

これまでトナーの必要性は感じなかったので使用していなかったのですが、化粧水をつける前にトナーでふき取れば化粧水が浸透しやすくなるのでは?と気付き(今さらww)、時間も体力も有り余っている今ならスキンケアにワンステップ加えるのもそれほど苦じゃないということでトナーを試してみることにしたのです。

 

Googleでトナーを検索してみると、どうやらイギリスではPixiというブランドが有名らしいです。

これは結構いろんなところで見かけたことがある!(すごい色やなと思ってたw)

 

pixibeauty.co.uk

 

公式サイトからも購入できますが、Bootsではよくセールをしているのでそちらで買う方がお得だと思います。

ポイントも貯まるし。(ポイント大好き関西人w)

 

口コミを調べてみると悪くはなさそう。

値段もそれほど高くないし、最初のトナーとしてはいいかも。

パッケージやレビューから何となく10代~20代向けの商品なのかなと感じましたが(当方30代前半)、その辺は気にせず購入w

 

 

f:id:oliamemo:20200716080358p:plain

 

f:id:oliamemo:20200716080709p:plain

 

さすがトナーが売りということもあり種類が多く、どれにしようか迷いました。

柑橘系の香りが好きなのと、夏なのでさっぱりした仕上がりの方がいいかなということで最終的にビタミンCトニックを購入。

 

シグネチャーはグロウトニックですがそういうのは気にせず自分が気になるものや欲しいものを選ぶタイプw

敏感肌にはローズトニック、乾燥肌にはミルキートニックがよいみたいです。

クラリティトニック(青いやつ)は私が購入したときにはなかったので、新商品だと思います。


f:id:oliamemo:20200716081610j:image

こちら現物です。微妙な写真ですみませんw

 

種類が色々あって自分の好みに合うのかわからなかったので、割高ですが100ml(£10)の小さい方を購入しました。

普通サイズはどの種類も250mlで£18です。

ブーツのTuesday saleで250mlが£10になっているのを見かけたことがあるので、安くなってたら試してみたいなって方はそちらをチェックしてみるとよいかと思います。

 

率直な感想は、「なんかよくわからん」でしたw

レビューや購入者のブログに「びっくりするくらい汚れが落ちる!」とか「使用済みのコットンを見ると効果がわかります!」とか書いてあったんですが、そういうのは感じんかったなぁ…。

 

化粧残りや汚れはよくわかりませんでしたが、ふき取った後にタオルの繊維が結構ついてることはありました。

タオルで拭くだけで顔にこんなに繊維ついてるねんなと驚きましたね。

あとはその後の化粧水の浸透がよくなった気がせんでもない。

これは気のせいかもしれませんw

 

私はかなり肌が強い方なのですが、使い始めの数回は鼻の周りが少しヒリヒリする感じがしたので、敏感肌の方には向いていないかもしれません。

使っていくうちにヒリヒリはなくなりましたが。

 

私が購入したビタミンCトニックはかなりサッパリな仕上がり、使用後少しつっぱる感じもあるので乾燥肌の方は他の種類がよいかと思います。(使用後にすぐ美容液や化粧水をつければ気にならない程度でした。)

さっぱりリフレッシュできる着け心地が好きな方に向いています。

レモンの香りが爽やかで、夏の暑い日にはいいかな。

 

ちなみに私はこちらのビタミンCトニックと共に、イニスフリーのグリーンシードセラム(導入美容液)→Bootsのローズウォーター→ニベアのクリームを普段のスキンケアに使用しています。

 

f:id:oliamemo:20200716081614j:image

韓国に行ったら必ず買いだめするやつ。コスメデコルテの美容液には到底かなわないですが、値段考えるとこれで十分。コスパ最高で好きです。

 

f:id:oliamemo:20200716081628j:image

化粧水の代わりに使っているBootsのローズウォーター。保湿力はそこそこですが安いし(£2.5くらい)、簡単に手に入るのでこれでいいかなって程度で使っています。

 

f:id:oliamemo:20200716081639p:image

ニベアのナイトクリーム。これはマジでコスパが最高(£5くらい、頻繁にセールやってるので実際はもっと安い。)化粧水が微妙でもこれさえ塗っておけばなんとかなる。チューブで使いやすいのも最高。

 

f:id:oliamemo:20200716081646p:image

朝は同じシリーズのデイクリーム。これは「絶対これじゃないと!」ってほどではないが、コスパ考えると十分。機内に持ち込めるサイズなので旅行時に意外と重宝します。

Pixiのトニックに関しては可もなく不可もなくといった感じで、リピートはしないかなと思います。

種類が多いので他の種類を試してみたい気はしますが。

 

正直おすすめするかと言われたらNoですが、やはり関西人たるもの良いものだけを勧めたいので嘘はつきません。(大げさw)

 

ボトルのデザインがかわいいし小さいサイズもあるので、イギリス土産にはいいかもしれません。

Bootsで気軽に購入できますし、オックスフォードサーカスに店舗もあるみたいです。

Look fantasticで取り扱っているのも見かけたので、日本から購入したい方はそちらで購入できると思います。

 

今はすでに違うトナーの使用を開始しているので、しばらく使用したらまた記事にするつもりです。

シャンプーと並行してイギリスのスキンケアもあれこれ試していきます!(いつまで続くかは不明w)

ロンドンで最高のシャンプーを探してみることにした。~Rituals...~

ロンドンと言えば硬水、硬水と言えば肌や髪の悩み…とイメージする方が多いですよね。

実際インターネットで「ロンドン 硬水」「ロンドン スキンケア」「ロンドン シャンプー」などと検索すると色んな記事が出てきます。

それだけ悩みを抱えている人が多いということでしょう。

 

私はというと、幸い肌は強い方で思春期にニキビに悩まされた以外はこれといって肌トラブルを抱えたことがありません。

300円くらいの安い化粧水でも全く問題がないタイプですw

硬水が肌に合っているのか、むしろロンドンに来てからの方が肌の質がよくなった気すらする。

 

髪はみなさんと同じように硬水によるダメージが見られるものの、それほど気にしないタイプなのでシャンプーをあれこれ試すといったタイプでもないです。

まぁ傷んだら結んどけばいいし、それでも傷んだら切ったらいいか…って感じで渡英3年半ですが、シャンプーにこだわったことって一度もないんですね。(選ぶのがめんどくさいw)

 

そんな私ですが、ロックダウンでFurloughになり自由な時間が圧倒的に増えてネットで色々検索することが多くなりました。

今なら時間もお金もあるし(他に使い道がないw)、ロンドンでベストなシャンプー見つけてみるか!とシャンプーを探してみることにしたのです。

 

これまでは他にちょこちょこ浮気したものの、結局はogxってことが多かったんですよね。

今でも、スーパーやドラッグストアで気軽に買える中ではこれがいいかなと思っています。

 

使っているバスグッズについては以前記事にしています。(一年前の記事なので現在は使っていないものもあります。)

oliamemo-uk.hatenablog.com

 

でもネットショッピングの回数が増えて気付いたのが、「別に店舗で買えるシャンプーじゃなくてもよくない?オンラインでよさげなものを買えば。」ってことです。(気付くのがマジで遅いw)

 

さて手始めにどのシャンプーを買えば…と悩んでいた時に、たまたまインスタに広告が流れてきて購入したのがこちらです。

 

f:id:oliamemo:20200702234636j:image

シャンプーとコンディショナー。送料無料にするためにヘアオイルも買いました。(まんまと罠にはまるw)初回オーダーなのでシャワークリームが無料でついてきました。

 

Ritulas...というショップのものです。

最近ロンドンでショップをよく見かけるようになったので、「何のお店かな」と気になっていたんです。(有名なんですかね?こういうの本当に疎いので…。)

 

オランダ発のブランドで、バスケアグッズを中心に販売しているみたいです。

www.rituals.com

 

シャンプーだけでも結構な種類があるのですが、香りは異なるものの効果は全て同じようです。

 

私は桜かアーユルヴェーダか悩み、実のところアーユルヴェーダに傾いていたのですがどなたかが「好き嫌いがわかれる香り」と書かれていたので、口コミがよくハズレがなさそうな桜にしてしまいました…。(最後の最後でヘタレるw)

インスタなどを見ているとヨーロピアンにはJingも人気がありそうでした。

 

実際に店舗に行けたら香りのサンプルがあったのでしょうが、今後はそういうものもなくなるかもしれませんね。

シャンプーや香水など、香りがするものをネットで購入するのはある意味賭けですよね。

今回は高い買い物ではなかったので良かったですが。

 

商品は注文してから4~5日で届いたと思います。

注文のコンファメーションとは別に発送メールを送ってくれるので安心です。

 

5月上旬に購入し現在約2ヶ月使っての感想は、「悪くはないけどリピはしないかな」です。

 

まず、香りがやはり私好みではなかった。

甘い香りが好きな方にはおススメです。

もし次に買うとしたら絶対アーユルヴェーダ。

 

ノンシリコンなのでシャンプーで染髪した直後は髪がキシキシする感じがします。

コンディショナーを使えば問題ないのですが。

それでも気になる方はシャンプー後にトリートメントを挟めば、このきしみ問題は解決すると思います。

 

良い点は、髪がめちゃくちゃ柔らかくなる!

タオルドライした時点で普段より髪が柔らかくなっているのがわかります。

 

髪をまとめる効果はそれほど強くありませんので、「しっとり」を求める方より、「さらさら」を求める方向きのシャンプーだと思います。

私のようにコシのある髪質よりは、髪が細い方の方がよりこのシャンプーの効果が出るのではと推測します。

 

実は使用当初はこちらのシャンプーをとても気に入っていてリピしようとおもっていたのですが、途中でイオナックという浄水シャワーヘッドを購入し(抜け毛がひどいと文句を言ったら夫が買ってくれた!)、軟水で洗髪するようになってからなんだか微妙になってしまいました。

硬水向きに生産されているのでしょうか。

 

f:id:oliamemo:20200702234642j:image

イオナックについてはまた別の記事で使用した感想を載せようと思っています。

 

このような軟水シャワーを使用していない限り、ロンドンにお住まいの場合は硬水でシャワーを浴びることになると思いますので、Rituals...のシャンプーを試す価値はあるかと思います。

 

気になるお値段はこちら。

シャンプー(250ml):£9.50

コンディショナー(200ml):£9.50

ヘアオイル(45ml):£14.50

 

シャンプー、コンディショナーはほぼ毎日使って2ヶ月くらい持つと思います。(ミディアム、毛量多めです。)

ロングヘアの方は1.5ヶ月くらいでしょうか?

ドラッグストアで買えるようなシャンプーに比べると若干値は張りますが、2ヶ月使えると考えるとそれほどコスパは悪くないと思います。

 

実は今回の購入品の中で一番気に入ったのが、ついでで買ったヘアオイルです。

ずっと愛用しているogxのオイルより軽い仕上がりになるので、夏はこちらの方がいいかもしれないと思うほど気に入りました。

だたしこちらも香りが甘いのが私にとっては難点。

柑橘系のオイルも販売してほしいなぁ…。

 

こちらのRituals...のシャンプーも残り少なくなってきましたので、先ほどまた新しいシャンプーをネットで購入いたしました。

口コミがよかったので、届くのが楽しみ!

新しいシャンプーもしばらく使ってみたらまた感想を書こうと思います。

 

最高のシャンプーを見つけるまで頑張る…!

 

 

ロックダウン中に緊急歯科治療を受けた話。

ロックダウンが徐々に緩和され、来週から多くのお店が再開するのではと予想されているロンドンです。

そんな中、私はロンドンで2回目の歯医者に行ってきました。

しかも今回は緊急歯科医院に駆け込むというまさに緊急事態w

 

自分への記録用と、万が一にも私のようにこの時期にどうしても歯医者に行かなければいけない事情がある方用に記事を書きます。

 

緊急でない場合の歯医者の予約の取り方、料金などは以前記事にしましたのでそちらを参考にしてください。

※こちらは2019年12月の記事です。現在はコロナウィルスの影響で変更になっている点があるかもしれません。 

 

oliamemo-uk.hatenablog.com

 

まずは歯医者に行くことになった経緯から治療してもらうまでの経緯を簡単に。

 

金曜22時頃:

いつものように歯を磨く。

フロスを通したときに歯と詰め物の間に引っかかる。(この部分が引っかかりやすいことは自覚していたのでいつもはフロスを避けていたが、ぼーっとしていたのでフロスを通してしまう。)

フロスを引き抜いた瞬間、詰め物が取れる。

めっちゃ焦るw

 

金曜23時頃:

徒歩圏内で行ける距離で翌日(土曜日)も開いている歯医者を探し始める。

前回行ったところは職場の近くで、地下鉄に乗らなければ行けないので他の歯医者に行く必要がある。

歯医者の数は多いものの、この時期に、しかも週末に開いている歯医者はかなり少ない。(コロナウイルスの影響で閉まっている場合も多い。)

数件見つけてリストアップ、よく朝に電話をかけようと決めて就寝。

 

土曜10時頃:

起床。(遅いw)

昨日リストアップした歯医者に電話をかける。

1件目は繋がらず。(ウェブサイトがなかったのでGoogleに載っていた電話番号にかけた。)

2件目は『今日は予約いっぱいなので一番早くて月曜日』と言われる。

NHS対応と書いてあったのでNHSで診療できるか聞いてみると『今はできないからプライベートでの診療になる』とのこと。(コロナウィルスの影響でNHS診療をストップしているのか、単にスロットが埋まっているだけなのかは不明。)

NHS料金なら月曜まで待つことも考えたが、結局プライベートしか無理ならその日のうちに治療を受けたかったので「考えてからかけ直します」と言い一旦電話を切る。

 

土曜10時半頃:

3件目に電話をかける。

ここはエマージェンシーだったのでできれば避けたかったが、この状況では仕方ない。

「詰め物が取れて歯に穴があいてるのがわかるから、できるだけ早く治療してほしい」と伝えると、『一番早くて今日の13時15分だけどどう?診察料が£55、レントゲン£15、それに加えて治療費がかかるよ』と言われる。

NHSよりは高いがやむを得ない、この状況であれこれ選んでいられる状況でもない。

予約を取ってもらう。

 

土曜10時45分頃:

予約を取った歯医者からSMSが届く。(この時点では個人情報は何も伝えていないし支払いもしていない。着信履歴から携帯電話にSMSを送ったのだと思う。)

予約のコンファメーションと注意事項。

 

 f:id:oliamemo:20200614070823j:image

 

「本当の緊急事態以外では来院しないでください」と書いてあったので、若干ひるむ。 

だがしかし私にとっては緊急事態に間違いない。(定期検診や歯のクリーニングなどでは来ないでという意味だと推測。)

あとは「待合室に人がいる場合は外で待ってください」「付き添いは連れてこないでください」といったコロナウィルス関連の注意事項。

 

土曜13時15分:

予約の時間に歯医者に行く。

体温測定され、アルコールで手を除菌するよう言われる。

問診票記入。(5分ほどで記入が終わる簡単なもの。)

 

土曜13時40分:

治療終了。

 

詰め物が取れてから約15時間後には新しい詰め物を入れてもらうことができました。

エマージェンシーの歯医者が近所にあってよかったです。

 

歯医者を探しているときに気付いたのですが、今はコロナウイルスの影響でどこの歯医者もオンライン予約を停止しているようです。

そもそも閉まっているところもあるし、開いていても「人数制限ありの予約制」と書かれている場合がほとんどです。

今、歯医者に行く必要がある方は電話して予約を取るしかないということです。

 

電話をかける際は簡潔に、状況をできるだけ簡潔に説明します。

電話しているってことは歯医者に行きたいってことは相手もわかっていると思うので、余計なことを長々を説明する必要はないです。

 

私の場合だと、

One of my fillings came off and there's a big hole in my tooth. I'd like to see a dentist as soon as possible.

という感じです。

 

詰め物が取れたからそこに穴があるのは当たり前なのですが、とにかく早く診てほしいということを伝えたかったので。

 

歯が痛む場合は、

I have toothache. 

だけで十分です。

 

どこの歯?と聞かれたら(電話で聞かれる場合もある)、upper right(上の右側)、lower left(下の左側)などと答えればよいです。

 

そうすれば向こうから予約が取れる日時や必要事項を伝えてくれます。

歯医者によっては問診票を事前に書く必要があったり、診察料のみ先払いの場合もあります。(カードを手元に置いて電話すると安心です。)

 

コロナウィルス関連のことも聞かれるかもしれません。

私の場合は2件目に電話したときに『コロナウィルスを疑うような症状はある?』とか『最近海外に行った?』とか聞かれました。

 

料金のことも向こうから言ってくれることが多いですが、もし言ってくれなければ

Do you know roughly how much it costs?

と聞けばよいです。

 

そうすると

£55 to be seen, £15 for X-ray, and fees vary depending on what treatment you'll get...

という感じで『診察料はいくらで、レントゲンはいくら、あとはどんな治療を受けるかによって変わってくるよ』と言われることが多いので、値段を羅列されても焦らなくて大丈夫です。

 

ちなみに私の場合は

診察料:£55(当日予約だったので割高。)

レントゲン代:£15(イギリスでは診察の際にレントゲンを撮られることが多いので、診察費+レントゲン代が実質の診察費。)

治療費:£195(composite filling、日本でよくある白い詰め物。)

合計:£265

 

診察料は前もって伝えられていたので、治療費は大体£200くらいかな~と思って行ったから大正解w

想定内の値段に収まって、値段言われたときは高いと思わず安心しました。

後々考えたらやっぱり高いけどなwww(ロンドンのプライベート歯科治療費としては妥当。)

 

イギリスでは歯科治療の前に「どんな治療をして、いくらかかるのか」は必ず伝えてくれますし、金額が書かれた書類にサインもします。

だからもし、高すぎると感じたり、他の歯医者でセカンドオピニオンを得たいときは断っても大丈夫です。

 

夫はセカンドオピニオンのためにレントゲンのデータをもらってきたことがあったので、もしその場で治療を受けず他の歯医者に行きたい方はデータをもらえるか聞いてみるとよいかもしれません。(私自身はもらったことがないので、すべての歯医者でデータをもらえるという確証はありません。)

 

 

f:id:oliamemo:20200614183557p:image

 

この時期に歯医者に行くのは少し不安かと思いますが、私が行ったところはコロナウィルス対策はしっかりしているようでしたし、先生はイラストのようなマスク+フェイスシールドをしていたので対人でウィルス感染する可能性は低いように感じました。

家に帰ったら手洗いうがい、着て行った服はすぐに洗濯するなどきちんと対策を取れば感染のリスクは減らせると思います。

もちろんリスクはゼロではないですが、歯の問題は放置できないですからね…。

 

予想外の高い買い物になりましたが、プライベートクリニックで当日診療ということを考えれば妥当な金額だったかなと思います。

先生(中東系のイギリス人だと思う)は治療になれた様子でとても手際よく、痛みを感じない治療を施してくれました。

日本を含め、今まで行った歯医者の中で一番上手かったと思います。

もしまた緊急事態があれば(ないことを願いますがw)、ここに来れば安心、そう思える歯医者でした。

 

詰め物が取れたときは本当に焦りましたが、何とか解決して一安心。

この状況で歯医者に行かなければいけない方の参考になれば幸いです。

 

本を定期購読してみよう!おススメのサブスクリプションサービス。

前回、英語で本を選ぶときに使うと便利だよ!というアプリとしてgoodreadsを紹介しました。

 

oliamemo-uk.hatenablog.com

 

でもやっぱり一番最初はどんな本を選んだらいいのかわからなかったり、いつもついつい同じようなジャンルを選んでしまったり(私はこのタイプ)、本選びに苦戦している方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方には本のサブスクリプション(定期購読)サービスがおススメです。

今回は現在私が定期購読契約している(正確には夫にプレゼントしたので夫が読んでいるのですが)サービスを紹介しようと思います。

 

www.thewilloughbybookclub.co.uk

 

The Willouhby Book Clubで6ヶ月の定期購読を申し込んでいます。(現在3ヶ月が終了しました。)

実はこちらは私が夫への結婚記念日のプレゼントを考えているときにツイッターでどなたかが紹介しているのを見かけて、読書好きの夫にピッタリのプレゼントだと定期購入の申し込みをしました。(その後、結婚1周年は紙婚式と呼ばれていると知り、なんてピッタリのプレゼントを選んだのだろうと感激しましたw)

 

インターネットでBook Subsrcriptionと検索すると同じような定期購読サービスがいくつか出てくるのですが、イギリスではこちらのThe Willoughby Book Clubが最大規模のサービスを誇ると書かれていました。

 

こちらの定期購読サービスの特徴は、自分の好きなジャンルと購読期間を選ぶと、毎月一冊サプライズで本が郵便受けに届きます。

本は全てスタッフのHand-pickedで、書店やインターネットでは見かけないような本(ベストセラーなどではない少しマイナーな本)が選ばれます。

 

f:id:oliamemo:20200511194953j:image

f:id:oliamemo:20200511194957j:image

フィクション、ノンフィクション、その中でもジャンルが細分化されておりますので、自分が好きなものを選びます。

絵本もありますので(こちらは年齢別)、お子様へのプレゼントにも良いかと思います。

 

購読期間は3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月から選ぶことができ、毎月1日(1日が土日の場合は次の月曜日)に本が発送されます。

発送元がロンドンではないので(レスターやったかな、確か)手元に届くまでに数日かかりますが、我が家には大体毎月4日か5日には届いていると思います。

 

夫にはノンフィクションの中のThe Natural History Book Clubの6ヶ月サブスクリプションをプレゼントしました!

送料込みで£84.99でした。

 

※UK外へ発送の場合は送料がかかりますので(発送地域と購読期間によって異なる)、確認をお忘れなく。

 


f:id:oliamemo:20200511195002j:image

定期購読したいジャンルを決めると、その中でも自分(またはプレゼントを贈る相手)の興味のある分野を選ぶことができます。

The Natural History Book Clubの場合は3つまで選ぶことができました。

 

私は1. Astoronomy & The Universe、2. The Ocean、3. 忘れたw(The EarthかThe Animal Kingdomのどちらかだった気がする)を選択しました。

コメントを書ける部分もあるので、好きな著者がいる場合は何か特別なリクエストがある場合はそちらに書いておけばよいと思います。

 

6ヶ月の定期購読のうち現在3冊まで届いていますが、最初に届いた一冊を紹介したいと思います!

 

f:id:oliamemo:20200511200240j:image

 

 こちらでございます!

 

1番好きな分野に選んだAstoronomy & The Universeの分野の本が届きました!

私は自然科学の分野は興味ないので「ふーん」って感じだったのですが(笑)、夫は『こういう本読んでみたかった!本屋で見たことないな』と感心しておりました。(興味深く読了したようです。)

 

本は毎回きれいにラッピングされて届きますので、プレゼントにもピッタリです。

ラッピングの写真は撮っていないのですが(夫が毎月本が届くのを楽しみにしており、届いた瞬間に開封するためw)、ウェブサイトを見ればどのような状態で届くのかイメージが湧くと思います。

 

f:id:oliamemo:20200511195006j:image

ラッピングの他に料金に含まれている物はこちら。

申し込み毎に本が一冊、チャリティに寄付されるようです。

 

万が一読んだことがある本が届いた場合は、連絡すれば新しいものに交換してもらえます。

実は一番最近届いた本(3冊目)は夫がすでに持っていたので、事情を説明して「ロックダウンが落ち着いてからでいいので交換してもらえませんか?」と連絡したところすぐに返信がきて、こんな大変な状況なのにも関わらず10日ほどで新しいものを送ってくれました。

すでに送られてきた本は返却の必要なし、『誰か欲しい人にあげてね!』とのことだったのですが、これは普段からそうなのかロックダウンで返却するのが大変だからなのかはわかりません。

 

f:id:oliamemo:20200511201440j:image

プレゼントしたいけど相手がどんな本が好きかわからない!という場合はギフトバウチャーもありますのでそちらを贈るとよいかと思います。

 

本って自分で選ぶとついつい同じようなジャンルのものを選んでしまうので、 誰かに選んでもらうっていうのは新鮮で楽しいと思います。

自分では選ばないような本でも選んでもらって読んだら面白かった、新しい分野に興味がでたなんてこともあるかもしれません。

 

残念ながら現在はコロナウィルスの影響で4月分を最後に発送は一時停止しているのですが、状況が落ち着いたらサービスを再開するようなので、興味のある方は是非利用してみてください。

6月よりサービスを再開したようです!

6月分の本が我が家にも届きました。

 

うちの夫は『記念日のプレゼントは毎回これがいい!』というほどこのプレゼントを気に入っております。笑

サービスが再開したら私も自分用に定期購読してみようかなと考えております。

月に一回、サプライズで本が届くってワクワクする体験ですから。

 

英語の本を選ぶときにおススメのアプリ。

外出禁止になって1ヶ月半が経過しました。

みなさん、どのようにお過ごしでしょうか?

 

私は元から旅行以外は家に引きこもってるのが好きなタイプなので、外出禁止になったからといって特別ストレスを感じることもなく暮らしています。

ドラマ見たりニュースチェックしたり、たまに働いたり(笑)していますが、一日の大半は読書に費やしています。

 

もともと読書は好きで毎日朝晩1時間ずつくらい読書の時間を取っていたのですが、それだけじゃ全然足りない。涙

外出禁止になってからは「読みたいリスト」に入れている本を片っ端から読めるようになったので、毎日無心で本を読んでいますw

 

英語で読書ってハードル高いって思っている方もいらっしゃるかと思います。

私も最初はそうでした。

日本にいたときから読書は好きで月に10冊くらいは読んでいたのですが、英語で読むのはなぁって。

 

でも、当たり前なんですが英語の本ってめっちゃ選択肢が多いんですよ。

日本では見かけないようなトピックの本がたくさんあって、知的好奇心をかきたてられるんです。

それで「とりあえず一冊買って読んでみようかな」と中古書店で本を買ってみたのが、英語の本を読み始めたきっかけです。

 

英語で本を読んでみたいという方に個人的なアドバイスを送るなら、

 

・興味のある本を読む。

これは本を読むうえで一番大切なことだと思う。

「これなら読めるかも」という気持ちだけで子供用の本を買ったり、興味のない分野の本を買ったりするのは個人的には全然、おススメではありません。

「本を読むこと」が目的になってはいけないと思います。

フィクション、ノンフィクション、旅行のガイドブックなど分野は何でもよいので、自分が興味のある本を読むべし。

 

・単語の意味をいちいち調べない。

わからない単語に遭遇するたびに意味を調べていてはキリがないし、読書そのものを楽しむことはできません。

前後の文脈から意味を想像できることが多いですし、単語の意味が一つや二つわからなくても全体の意味を失うことはありません。

私は、何度も繰り返し出てくるけど意味がわからない、単語の意味がわからなければ文章を全く理解できない、という場合のみ調べています。

 スムーズにリズムよく読むことを心掛けると、読書に対する苦手意識も減ると思いますよ。

 

・最後まで読み切らなくても問題なし。

はっきり言います、読み始めてから「思ってのと違った」、「内容が面白くない」、「文体が苦手」と気付いた場合、その本を読み続けるのは時間の無駄です。

興味もない本を読むことでさらに読書への苦手意識が高まるかもしれません。

購入した場合はもったいないと感じるかもしれませんが、さっさと未練を捨てて次の本に移ることをおススメします。

 

これを機会に読書を始めたいけど本屋にも行けないし、どんな本があるのか、どんな本を買えばいいのかわからない。

そんな方におススメなのがgoodreadsという書籍情報や批評をチェックできるサイトです。

 

f:id:oliamemo:20200507065903p:plain

©goodreads.com

 

www.goodreads.com

  

アカウント作成は無料。 

自分が読みたい本や読んだ本をウェブサイト上の「本棚」に入れることができ、その傾向からGoodreadsがおススメの本を紹介してくれます。

本を読めば読むほど、自分好みの本に出会えるというサイトです。

 

他の人のレビューもチェックできますので、本を購入する際に参考にするのもいいかもしれません。

このサイトのレビューは信頼できるものが多いと思います。

携帯版アプリもありますので(同名)、手軽に使いたい方にはそちらがおススメです。

 

あとはAmazonのおススメも結構ドンピシャで好みのものが出てくるので、Amazonで買い物する方はそちらを参考にするのもよいと思います。

 

 

最近、暇すぎてTwitterでこれまで読んだ本の紹介も始めましたので、どんな本読めばいいかわからないという方はぜひ参考にしてみてください。

(一つのツイートにツリーで繋げていってます。)

 

 

イギリスでセルフカラーしてみた!

みなさん、こんにちは。

ロンドンも昨日ついに外出禁止令が出ました。

 

今日もいい天気なのに外に出られなくて辛いです。

普段家でグータラするのが大好きなのに、外出「できない」となるとストレス。

この状況が早く収束することを願うばかりです。

 

ところで!

私、一年ぶりにヘアカラーをしました~!!

 

約一年前に日本でカラーをして以来、ずっと伸ばしっぱなしでプリンどころか地毛が15cmほど伸びた状態でした。汗

2~3ヶ月に一度髪は切ってもらっていたのですが、カラーは後回しにして放置したままだったのです。

 

初めてイギリスのカラー剤を使って毛を染めたので、その感想を書きたいと思います。

 

f:id:oliamemo:20200324005237j:image

 

今回使ったカラー剤はこちらです。

ガルニエの7番「ダークブロンド」。

 

Bootsで一番安かったからという理由で購入w

2 for £9でした。(髪の量が多いので2箱購入。)

一つ辺り600円弱って考えたらかなり安いですよね。

 

f:id:oliamemo:20200324005246j:image

 

「ブロンド」という言葉にちょっとひるみましたが(笑)、アジア人の髪は色素が濃く西洋人より染まりにくいとよく聞くし、箱の背面のイメージを見ても黒髪からブロンドになることはないと判断して7番の「ダークブロンド」を購入。

ま、万が一にもブロンドになったらそれはそれでいいかなとw

 

カラー剤の中身の写真は取り忘れたのですが(ポンコツw)、カラー液が2種類(混ぜて使用)とカラー用トリートメント、あとはビニール手袋が入っていました。

日本のカラー剤によくあるハケはなし。

説明書を読むと手で直接もみこむよう書いてあったのですが、それってムラにならないのかなという疑問はある。

そっちの方が簡単そうではあるけども…。

 

私の場合はセルフカラーと言っても、出張カットに来てくださった美容師さんにカラー塗布をお願いしたので、市販のカラー剤をプロに塗ってもらったことになりますw

彼女がハケを持ってきてくれたので、それで全体的に染めてもらいました。

 

※私は今まで一度もカラー剤に関して肌トラブルを抱えたことがないので今回パッチテストをしなかったのですが(めんどくさかったんや…)、環境が変わると急に体質が変わる場合もあるらしいので、染髪前にパッチテストをした方がいいみたいです。

 

髪の量多め、髪の長さは鎖骨あたりのミディアムで2箱あれば余裕をもって染められる感じでした。(しっかり塗ってもらって若干余る程度。)

ミディアムロング~ロングヘアーで全体染めしたい方は3箱準備すると安心だと思います。

 

カラー剤塗布してから20分ほど待って洗い流しました!

説明書には25~30分ほど待つと書いてあった気がするのですが(説明書は読まないタイプw)、美容師さんが随時色の入り具合をチェックしてくれたので、20分でしたが流しました!

 

洗い流した後に付属のトリートメントを使用しましたが、あまり効果を感じなかった…。

普段からカラー用のトリートメントを使っている場合は、そちらを使用した方がいいかもしれません。

 

f:id:oliamemo:20200324202700j:image

こちらが付属のトリートメントです。2箱購入したので、1つ残っていました。

 

洗い流し直後は「思ってたより暗いかな~(ブロンドって書いてたのにw)」って思ったんですが、一週間経つと色も落ち着いてきていい感じになってきました。

 

f:id:oliamemo:20200324025349j:image

カラーしてからちょうど一週間後の写真。自然光に当たった状態の色をお見せしたくて窓際で写真取りましたが、めっちゃ微妙なアングルですみませんw

 

根元の方は地毛が出ていて真っ黒だったのですが、思ってたよりいい感じに染まったと思います。

明るすぎず暗すぎず。

 

カラー前の写真を撮るのを忘れたので(ブログに書く気なかったし…という言い訳)、少し前の写真ですが元の髪の色がわかりそうなものを探しました。 

 

f:id:oliamemo:20200324025256j:image

昨年、12月の写真です。この時点で地毛がかなり目立ちますが、カラーの時点ではここからさらに3~4cmは伸びていたと思います。

 

あんまり参考にならないとかもしれませんが、真っ黒な地毛がここまで染まったよ~ということで。

 

黒髪から染めると「ダークブロンド」のカラー剤でもナチュラルブラウン程度の色にしかならなかったので、思い切って明るめの色を買っても大丈夫だと思います。

 

今回私は美容師さんに染めてもらったのでムラなくきれいにカラーできましたが、自分で染めるのはうまくいくのか心配…って方は、泡タイプのカラー剤を使うといいと思います。

種類は少ないですがロンドンでも何度か見かけたことがあるので。(確かJonh Friedaが泡タイプの物を発売していたと思います。)

私も今度は泡タイプに挑戦して、またこのブログで報告できたらなと思っています!

 

外出禁止で時間を持て余している方、ちょっとした気分転換をしたい方、これを機に自宅でセルフカラーしてみるのもいいかもしれません :)

 

当たり前なんですが、服は汚れてもよいものを着てください。

私は何も考えずに染髪してしまい、白い服を一着ダメにしましたwww